個々の才能を活かし合い、組織の力を引き出しあうファシリテーションラボラトリー・オリーズ!

メールフォームから問い合わせ

ビジョン

一人ひとりを認め合い」、活かし合う。ファシリテーションラボラトリー
あなたはどのようなチーム(組織)に所属していますか?そのチームは生き生きとしていますか?トップダウンではなく、一人ひとりが主体的に感じて、動いていますか?

一人ひとりも、チームも日々様々な案件を抱えています。一人で解決できないことも、チームだからこそ解決できることが、組織の強みです。
そもそも、この「組織」という文字は、「組む」と「織る」の2つの文字から構成されています。
それは、目標・ビジョンを共有し、課題解決に向けてチームでタッグを「組む」ことから始まります。在籍する部署(横断型組織)と目標に向かうプロジェクトチーム(クロスファンクショナルチーム)で、今、目の前にある資源(ヒト・モノ・カネ・情報)を活かして、具体的にどうやって問題解決していけばよいのでしょうか。そして、その為にもっとも大切なことは何でしょうか。
それは、一人ひとりのモチベーションとコミュニケーションです。チームのメンバーが、お互いに信頼関係に気づき、補完関係となることで、強固なチームとなります。その為には、徹底したコミュニケーションが必要となります。個々の才能を活かし合い、チームの力を引き出し合う、一人ひとりのファシリテーション力が重要です。一人ひとりが、意志をもって人生を選択し、お互いを認め合う社会が、豊かな未来を創りだしていくと信じています。
私たちオリーズは、様々なビジネスにおいて「今、目の前にある資源をいかに活かしていくか。」を大切に考えます。何故ならば、「今」この瞬間が、未来に繋がっているからです。
今、ここ(此処・個々)を活きる。

感じて、動きながら考える。